業界初のHACCP認証工場とは?

業界初エコマーク取得クリクラのプラント(工場)は、世界基準の衛生管理システムを持つ『総合衛生管理製造過程(HACCP)認証工場です。』
HACCPシステムとは、従来のような最終検査で製品の安全を確保しようとするのではなく、原料の入荷~製造~出荷に至るまでの全ての工程で、どのような 危害要因があるのかを分析し(HA)、特にその危害要因を抑えるために重要であると判断した工程(CCP)を連続的に監視(モニタリング)し、製品の安全 を確保しようとする食品衛生管理システムです。このHACCPシステムの導入によって、不良品の出荷を未然に防ぐことができます。

HACCPについて詳しくはこちら


全国のプラントから、安心でおいしいお水をお届けいたします!

全国のプラント


クリクラプラント(工場)の特徴

クリクラプラント(工場)の特徴【01】衛生的な施設設備
全てのクリクラプラントで基本となるのが5S活動。整理・整頓・清掃・清潔・躾を毎日繰り返すことにより、施設設備は衛生的に保たれています。また、クリクラ住之江プラントにおいて、厚生労働省よるHACCPシステム(総合衛生管理製造過程)の認証を受けています。

【02】製造ラインは全て管理区域内
【クリクラ】=製品水の製造工程はもちろん、空ボトルの入荷~充填・密封~保管の全工程が管理区域内で行われます。空中の浮遊菌や埃の数、衛生環境により区域分けを行い、【 汚染区域 ⇒ 準清潔区域 ⇒ 清潔区域 ⇒ 清浄区域 】の順に重要な工程に近付く程クリーン度をコントロールしています。

【03】オートメーション化された製造ライン
空ボトルの洗浄・殺菌から充填・密封工程まではオートメーション化。最終検査までは人手が加わらず、衛生的な製造ラインで【クリクラ】が出来上がります。

【04】重要な工程はクリーンルーム内
全ての製造工程が管理区域内で行われると共に、【クリクラ】の充填・密封ラインや材料のタンク等は、【クリーン度クラス100】の更に衛生的なクリーンルーム内にあります。

【05】専任検査員による全数検査
【クリクラ】の検査工程は、丁寧に1本1本行っています。空ボトルの外側、内側の汚れや異物はもちろん、内部の官能検査(臭気)や出来上がった【クリクラ】ボトルの目視検査においても専任検査員による全数検査を行っています。

衛生的な施設設備で、特に重要な工程はオートメーション化されたクリーンルーム内で行い、1本1本丁寧に全数検査を行う・・・
それが、クリクラプラントの特徴です。


初めての方へ キャンペーン実施中!

お気軽にお申し込み下さい。

ピュアなお水とお湯も使えるクリクラサーバーを是非この機会にご利用下さい。
サーバレンタル
ご自宅まで配送
※ご契約なさらなくても結構です。
お電話でのお問合せ
電話番号・営業時間・定休日
キャンペーンお申し込みフォーム

▲PageTop

配送エリアのご案内

平塚市、秦野市、伊勢原市、小田原市、厚木市(一部)、二宮町、大磯町、中井町、大井町、開成町、山北町、松田町、寒川町、茅ヶ崎市、横浜市(戸塚区・港南区・栄区・中区・神奈川区・西区・金沢区・磯子区・港北区・瀬谷区・旭区・泉区)、鎌倉市、藤沢市、大和市などに宅配いたします。尚、お申し込み・お問合せは全国対応しています。